皮膚科のお医者さん Archives | 新宿・西新宿の皮膚科のお医者さん

HOME » 皮膚科のお医者さん

皮膚科のお医者さん

マツエクでアレルギー皮膚科。

マツエクでの症状

若い女性の間で近年利用者が増加しているのが、マツエクというアイテムです。

マツエクはまつ毛エクステのことであり、毛量アップで利用する人が多いです。

日本の美意識の1つで、まつ毛のボリュームが多ければ多いほど良いという人が増えたこともあり、それによってマツエクの利用者も年々増加しています。

しかし、マツエクはあまりまつ毛にとって良いこととは言えません。

本来眼球を守る役目を持っているまつ毛ですが、それを弄って毛量を増やしたりするというのは、本来の役目とは違った状況になってしまうことも多いです。

毛量が増える分には問題はないと思いますが、あまりにもまつ毛を弄ると、それによって本来の機能を失ってしまうこともあるので十分注意していただきたいです。

近年はマツエクごとまつ毛が抜けてしまうということもあるなど、危険もあります。

マツエクはおしゃれかもしれませんが、始める時には注意事項も知っておきたいです。

≫ 『マツエクでアレルギー皮膚科。』

目ヤニならアレルギー皮膚科

目ヤニの症状

目ヤニの症状としては、文字通り目頭や目尻にヤニが溜まることを意味します。

人間は眼球を乾燥から守るため、常に潤っている状態に保つ機能があります。

しかし、それでも眼球には汚れが付着するのですが、その汚れの塊こそ目ヤニなのです。

目ヤニにはハウスダストなどが含まれる他、空気中のゴミや塵も含まれています。

そこに眼球から出てくる涙の成分などと融合し、目ヤニのような塊になるわけです。

眼球は皮膚と皮膚との間にあるものなので、その中にゴミや塵が入ると大変ですよね。

だからこそ、人間は目ヤニを出すことによってその機能を維持しているということ。

≫ 『目ヤニならアレルギー皮膚科』

まぶたの腫れはアレルギー皮膚科

まぶたの腫れの症状

突然まぶたが腫れてしまって、生活にも支障をきたすなんてことがあります。
まぶたは眼球を守る役目を持っているのですが、そのまぶた自体もとてもデリケート。
実は眼球以上に衝撃や圧迫に弱く、少しの摩擦で荒れてしまうこともある部位です。
まぶたの腫れがあると視界不良となる他、かゆくなったりいたくなったりします。
単純に気になるということもあり、ついつい弄ってしまうという人もいるでしょうね。
腫れが引くまでは最低でも1日〜2日ほどかかり、状況によっては3日〜4日かかることもある他、長引けば1週間以上となることもあるかもしれません。
実際にまぶたの腫れに関しては誰でもなる可能性があるので、そこは注意が必要です。
人によってはアレルギーによってまぶたが腫れることもあるため、どうしても気になる場合は皮膚科の専門医に相談するようにしてください。
≫ 『まぶたの腫れはアレルギー皮膚科』

塗り薬の金額で病院選び

塗り薬の金額

皮膚科などの病院で処方される薬と言えば、塗り薬がメインとなります。

そんな塗り薬はどのような金額となっているのでしょうか。

まず、皮膚科では保険を活用できるので、診察や治療に関してはあまり高くありません。

薬に関しても数百円~数千円となっていて、症状によって処方されるものは違います。

どの薬も効果はそれぞれ違ってくるため、当然のように金額も違ってくるでしょう。

そこは病院に相談して、どれくらいになるのかを教えてもらうことが必要です。

ただ、こればかりは症状によって処方される塗り薬も変わってくるでしょう。

医師もそこまですべて把握しているとは言えないので、薬剤師に相談するのもありです。

そこで的確に処方された塗り薬を使っていけば、皮膚病も治療できます。

金額はそれぞれの薬ごとに違うため、まずは診察を受けて処方してもらいましょう。

海外の塗り薬を利用するのはどうなのか

皮膚科ではその患者に合った塗り薬を処方しています。

しかし、近年は病院に行くのが面倒という理由で、海外の薬を輸入する人もいます。

海外の薬輸入を代行しているサイトなどもあり、実は簡単に購入できるのです。

海外から輸入するためのホームぺージでは、誰でも注文することができます。

ただ、皮膚病というのは人によって症状が大きく違ってくるものです。

インターネット上に「これは○○病に効果的です」と書かれていても、安易に信じるのは危険が伴うかもしれないです。

海外の薬の中には確かに効果が大きいものもあるかもしれません。

しかし、逆に効果が強すぎたり、自分の肌に合っていなかったりすることもあります。

できれば日本にある皮膚科で診察を受け、処方されたものを使いましょう。

西新宿の皮膚科では、的確な診察を行った上で薬を処方しています。

薬だけで判断するのは避けたい

塗り薬は単なる薬であって、皮膚病を完治させることができるかは不明です。

例えば、アトピーやニキビなどの肌の炎症は、塗り薬で症状を抑えることもできます。

しかし、根本的な生活習慣を改善していないということであれば、治るものも治りません。

どういうことかというと、薬だけでは判断することができないということです。

そこは医師などもしっかりと判断して選んでいくことがポイントとなります。

ぜひ、親身に相談にのってくれる医師を見つけて、通院が嫌にならないところを使っていくのが良いのではないでしょうか。

そうすれば、より良い皮膚科病院も見つけられるはずです。

予約がオンライン可能な病院選び

予約するならオンライン

かつて病院の予約と言えば、電話などが主流だったと言われていますよね。

しかし、近年は忙しい人も多くなり、そもそも電話する時間がない人もいるでしょう。

電話しようと思っても、診察時間が終わっていて繋がらないということもあります。

そんな中、近年は予約がオンラインで可能となっている病院も増えてきました。

スマホやパソコンから簡単に予約でき、しかも24時間対応ということもあって、より誰もが簡単に予約できるようになっているのです。

これもインターネット社会がもたらした産物と言えるのではないでしょうか。

より社会は便利になり、病院の予約ですらオンラインで簡単に行える時代です。

また、それによって電話対応をする時間も削減でき、病院の負担も減っています。

医師や看護師の負担が減ると、その分医療に全力を注ぐこともできるでしょう。

西新宿の皮膚科などを利用する際には、まずは予約をオンラインでしてみてください。

≫ 『予約がオンライン可能な病院選び』

セカンドピニオンで病院選び

セカンドオピニオンの重要性

セカンドオピニオンという言葉を聞くようになり、すでに身近な言葉となっている昨今。
それでも、この言葉についてはまだわからないという人も多いのではないでしょうか。

これは簡単に言うと「第二の意見」という意味となっています。
主に医療業界で使われることが多く、インフォームドコンセントと並んで使われます。
インフォームドコンセントというのは、患者に対して適切な説明をし、患者自身がそれに納得した段階で治療に入っていくというものです。
これらの言葉はとても重要で、特に病院を選ぶ時にはかなり重要となります。
西新宿の皮膚科を選ぶ時などは、よりこれらも参考にしてみておきたいですね。
まず、皮膚科の治療はそれぞれの医師によって違ってくるので、その医師の行っていることがすべて正しいということではありません。
だからこそ、まずはセカンドオピニオンを受けて、他の医師の意見も聞くべきなのです。
≫ 『セカンドピニオンで病院選び』

保険適用での治療

保険適用での治療

西新宿で皮膚科に行くとき、なるべく保険適用での治療を受けたい方もおられるでしょう。
このときはどうやって皮膚科を選ぶといいでしょうか?
まず押さえるべきポイントは保険診療を行っていることです。
病院が行っている診療には保険診療と自由診療とがあり、保険適用の治療が受けられるのは保険診療の方となります。
≫ 『保険適用での治療』

平日の夜でも通院できる皮膚科

平日の夜の通院

平日の昼間は仕事がある方など、病院に行くなら夜がいい方も多いですよね。
そのような基準で新宿の皮膚科を選ぶのもおすすめです。
このエリアには比較的遅い時間まで診察をやっている病院もいくつか見つかりますから、平日夜の通院も不可能ではありません。
ただし、あまり遅い時間になるとやはり閉まる病院が多いですし、何時まで診察をやっているか、最終受付が何時となるかは病院によって変わりますから、それぞれよく確認しておくことが大事です。
≫ 『平日の夜でも通院できる皮膚科』

夜間診察できる皮膚科はある?

夜間診察できる皮膚科

新宿で皮膚科を選ぶときになるべく遅い時間でも診察できる病院を選びたい方もおられるでしょう。
昼間の仕事が忙しく、仕事終わりの受診となると夜遅くになる方もおられますよね。
そのような方は夜遅くでも診察できる病院がいいでしょうが、そのような病院はあるでしょうか?
これについてはさすがに深夜まで診察をしている病院は少ないものの、いくつかの病院で比較的遅くまで診察をしています。
≫ 『夜間診察できる皮膚科はある?』

敏感肌の保険治療

敏感肌の保険治療について

お肌がちょっとしたことで反応してしまう、ピリピリする、かゆみがある、赤くなるなど、敏感肌の症状で悩んでおり、治療したいとき、アトピーやニキビなどのように保険治療を希望することも多いでしょう。
これはできるのかというと、症状次第となります。
その症状によっては保険治療となりますが、場合によっては一般皮膚科での対応ができなかったり、自費診療となったりします。
なぜかというと、現在のところ、敏感肌とは医学的な定義がある症状ではないためです。
そのため厳密には敏感肌を治すといった治療は、一般皮膚科では行っていないことも多いのです。

しかし実際のところ、患者の方が敏感肌だと思っているそれが乾燥肌だったり、お肌に現れている特定のアレルギーだったり、肌荒れだったりと、一般皮膚科で現在治療や診察が行われている別の症状となることも比較的よくあります。
そのような場合は保険治療が受けられることになります。
敏感肌の保険治療が受けられるかどうかは、このようにその症状が実際にどのようなものかによるのです。
乾燥肌やアレルギー、肌荒れなど保険治療が受けられる症状なら一般皮膚科で対応できますが、そのどれでもない場合、対応が難しくなる場合があります。
病院に行けば敏感肌の治療がまず受けられるとは限らないのですが、実際には別の症状として保険治療を受けられることもあるため、気になる症状がある方は一度病院で相談してみるのもおすすめです。

西新宿での病院選び

その敏感肌がどういう症状となるかは病院で判断される形となりますが、基本的に保険治療を希望するなら、それをやっている一般皮膚科でまず相談するのがおすすめです。
また、その敏感肌がどんな症状なのか自分では予想が難しいでしょうから、特定の症状に限って診察を行っている皮膚科よりは、いろいろな症状に広く対応している皮膚科の方がおすすめです。
そのような皮膚科となる西新宿の病院というと、まずは新宿駅西口近くの病院があります。
こちらの皮膚科は一般皮膚科として多くの症状に対応しています。
保険診療をやっていますし、乾燥肌、アレルギー、肌荒れなど、敏感肌と思われがちな症状にも対応可能です。
こちらの病院はあまり時間のない方でも利用できるよう、待ち時間短縮に取り組んでいます。
敏感肌の症状が気になるものの、そのために半日近くも受診のための時間を取れない方でも、比較的利用しやすい病院となります。
西新宿で敏感肌をなるべく保険治療したいときなどおすすめです。